菊田 浩さん

現在の師匠であるラザーリ氏から
は。「美しい楽器とはどういうも
のか?」を集中的に学びましたが
それは今までの概念をすべて変え
るくらい、衝撃的なものでした。

 例えば、エフ孔を切る時、それ
までは、鉛筆で書いた下書きの線
を頼りに削っていたのですが、黒
い線が邪魔で本当の線が見えてこ
ないという理由で、ラザーリ氏は
途中で下書きを消してしまうので
す。これは、すぐには真似のでき
ないことでしたが、良い楽器の実
物や写真を見本にしながら、イメ
ージを明確にして製作に取り組む
ことで少しずつできるようになり、それ以降、私の楽器は徐々に
評価されるようになりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください