野田脩次さん

東京在住のお姉様との知り合いという偶然
から、世田谷区等々力に工房のあったある製
作者の先生と知り合うと事になったのがきっ
かけで、この道にどっぷりとつかることにな
ってしまったのです。以来、全国各地に転勤
すりたびに、その地域の製作者の門を叩き
独学で作り始めました。いろいろな方たちと
も知り合い、例えば、徳島に行ったときには
香川県の現会員、対馬貞夫さんともお会いし
ていたとのことです。

 その当時、日本弦楽器製作者協会にはそう
した方々と楽に入会できたそうで、弦楽器なら何
でもよく、三味線から胡弓や二胡、あるいは沖縄
の三線からギター、リュートなどの製作者まで、
幅広く、会員がいたのだそうです。その頃、同協会
には「昭和の親方」として有名な無量塔蔵六さんや
陳 昌〇さんたちとも活動し、そして定年以降は
故郷の伊豆の国市のご自宅工房でひたすら製作に
励まれました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください