佐上浩三さん

「毎日9時間、製作に没頭した。チェロを
削るのは体力の限界に挑戦するのと同じで、
夕方には倒れ込んでしまうほどでした。根
を詰めて体を壊したこともあった。でも製
作をやめようと思ったことはなかった。
努力した分だけそれが作品に現れる。形や
寸法だけではない何かが音に現れる気がす
る。楽器製作に巡り合えた運命に感謝してい
る。」と語る。

 楽器製作で心がけていることは?とお聞き
すると、「私の人生のモットーはチャレンジ
。新しいモデルの依頼があると嬉しいのです。
製作モデルはデルジェスが基本で、今までイザイ、ビュータン、コバンスキー
を作ったが、次はハイフェッツモデルを製作する予定です。それぞれのモデル
とペグ、テールピースの材質との相性も調べてみたい」と熱く語られた。

 VSJに期待することは?とお聞きすると。「心中したいくらい好意を持って
います。会員の皆様にも随分お世話になりました。まず小林陽一さん、今使って
いる図面や資料はほとんど彼からもらいました。久我一夫さんにもいろいろ教わ
り、富川 智さんの福島の工房には泊りがけでお邪魔し、いかに美しく仕上げる
かを教わりました。石井健夫さんの教室には何度も通い、その結果は音質にも
変化があったと感謝しています。生命ある限り製作していきますので、皆様よ
ろしくお願いします。

 佐上さんは現在81歳、今までに作ったバイオリンは50数台、ビオラ17台
チェロ5台。これら佐上作品による室内楽が大阪と東京で開催され大きな反響
を呼んだ。作品は庄司紗矢香さん、細谷真理さん、芸大生などに愛用されている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください